下が古い.上が新しい.間は他所

2008-03-26

何度となく書いてきたことだが,「科学は万能である」という誤解があるが故に,科学は役に立たないと思われてしまう.科学がどうにもできない問題というのは,要するに論理もへったくれもなく,万人が納得する解が存在しない問題ということになる.それでも解というか意志決定が必要な場面があるのは確かである.こういう場面では論理など存在しないのだから,最高意志決定機関が主観的に決めてしまえばいいのに,そういう奴らが「論理的だから」とわざわざ言い訳するから問題になるのである.つまり「論理などないところに『論理』を用いようとすること」と「論理ですべて決まるところに然るべき論理を適用しないこと」が問題.

archive