下が古い.上が新しい.間は他所

2008-12-21

ここのサイトにコメント欄が無いことについて.コメントが集まるほど読まれていないのでコメ欄を用意するだけ空しいという事実もあるが,それなりの言い訳もある.端的に言えば,ここは自分の考えを時系列に残すためのところだということ.もちろん,思想は他人との会話によっても更新されるのだが,それをここに残した場合,その言葉は誰の言葉になるのか,という問題が生じてしまう.極端なことを言えば,各自の思想というのはそれぞれが一つのスレッドで,複数のスレッド間でメッセージパッシングが起こっている,というモデルでセカイを捉えている,という意味.言い換えれば,各自がコメント欄もなければ記事の修正もできない blog を運用し,そして会話は trackback だけで成り立ち,各自の blog には ping を受け取った時刻だけが記録される,というイメージ.

archive