下が古い.上が新しい.間は他所

2009-06-26

コミュニティの構成員を均質にしようという試みは古来何度となく繰り返されたコトかと思う.その端的な例が民族浄化で,ある種の文化や思想が通用しない集団を抹殺しようという行為として捉えられる.同様に,児ポ法を成立させようってのも,ある種の思想を持つような集団を無くそうという行為として解釈できると思う.主な違いは,異端な思想を持った人間を殺すのではなくて,異端な思想を持った人間が使うモノを無くすことで,そういう思想を消そうというあたりかと思う.問題は,モノが無ければ異端の思想は生まれない,という発想がどれだけ妥当か,排除の対象となるモノの分類基準を定めることが可能か,ということ.たぶん,というか,間違いなく無理.

archive