下が古い.上が新しい.間は他所

2011-09-23

骨格を骨要素 (A),2つの骨要素の関節面 (B),2つの関節面の交線 (C),という3つの型に分ける.この3種類のノードがつくるグラフ (G) をに基づいて A を分類し,B や C を標識点として幾何学的形態解析をする.さて,C が生物学的に相同 (つまり type I landmark) だという根拠はどこ ?

archive