下が古い.上が新しい.間は他所

2011-09-15

最近ことあるごとに「古生物そのもの」よりも「古生物の研究というものが世の人々の世界観にどういう変化をもたらしてきたか」の方に興味があるなどと言い散らかしているような気がするけど, その分析では別に非職業研究者が職業研究者の発言を"適切"に解釈しようと"不適切"に解釈していようと全く構わなくて,職業研究者の発言が他者の考え方(物事を解釈する方法/モデル)を変えたかどうかの方が重要.もちろん,考え方の変化を捉えるためには変化の前と後を適切に認識する必要があるのだけど,別にトリトロ問題で特別新しい知見が得られたかといえばそんなことはないような気がするなぁ,というお話.

archive