下が古い.上が新しい.間は他所

2012-04-15

本屋で仏像の眺め方とかデザインの定石とかそういった類の本を立ち読みしてきた.要するに,人はモノの形や色にどういう意味を見出してしまっているのか,というか,世の中において形や色をどのように解釈するべきというルールが定められていることになっているのかとか,そのルールをどうやって見抜けばいいのかといった辺りの興味で,たぶん iconology とか iconography とかその辺の分野に相当するのだろうとと勝手に解釈しているところ.ただ,作者の意図がどうであるとか,言った言わない思った思ってないというような水掛け論に見えてしまって,どこをどう楽しめばいいのかさっぱりわからず,やっぱりどうしようもなく突き詰める気になれないのであった.

archive