下が古い.上が新しい.間は他所

2013-02-07

たとえば,恐竜の復元画/像というものは恐竜に関する「小難しい」研究成果を「わかりやすく」「伝える」手法として有用かもしれない,という発想は,なんだかんだで視覚依存の生活を送っている者として,全く理解できないものではないし,むしろそれほど悪いものではないとも思う.ただ私の希望として,復元画/像を作成するという行為は「統計解析においてやみくもに関数を適用するのではなく,まずはプロットして確かめてみましょう」という類の発想であってほしい,というのが率直な感想.つまり,データの型に応じてグラフの形式を選ぶように,復元像の表現に「文法」があって欲しい.

archive