下が古い.上が新しい.間は他所

2012-05-06

世の中には,実機の構造をおよそそのままに素材をプラスチックとエッチングパーツに置き換えただけくらいというような大変良くできたプラモのキットというのもあって,そういうのなんかは広告見てるだけで興奮できたりする.もちろん高い.つまり,それはお金を払えば"再現度(幾何学的な意味でのシェイプの類似度)"の高い模型を何も考えずに作れてしまうキットが手に入る,ケチれば再現度の低いキットしか手に入らない,という例のよくある話なのだけど,ではお金を払いさえすれば何も考えずに再現度の高い模型が手に入ってそれで万々歳かといえばそんなことはなくて,再現度の高さを基準に模型の良し悪し考えて値段の高さを理解して(妥協して)いる時点でそれは実機との比較を念頭に入れてるわけで,資料集めや比較に頭を使わずにはいられないわけである.

archive